幸せになるためには、愛を言葉と行動で伝えることが大切!

絆 幸せ
スポンサーリンク

最近、あなたは、誰かに「愛しているよ」と伝えましたか?

「いや、毎日忙しくて…そんなこと言ってられないよ。」
「言わなくたって、愛していることぐらいわかっているよ。」

そんな声も聞こえてきます。

でも幸せになりたかったら、ほんの少しでも意識して、愛を言葉なり、行動なり伝えることは大切です。

どうしてでしょうか?
ご一緒に考えてみましょう。

 

スポンサーリンク

幸せになるための愛って何?

愛は、幸せを味わうために重要なもの、なくてはならないものです。
もし愛がなければ、人生は無意味なものになってしまうでしょう。

なぜですか?

人が生きていくためには、飢えを満たさなければならないのと同じように、人間には愛することや愛されることが必要だからです。
事実、人間はゆりかごから墓場まで、愛を必要としていると言われています。

愛​が​なけれ​ば,結婚​も​家族​生活​も​友人​関係​も​うまく​いき​ませ​ん。

赤ちゃんは、話しかけたり、さわったり、さすったり、抱きしめたりして、愛を示してあげないと病気になり、死ぬことさえあるということです。

ですから、愛​を伝えることは大切なんですね。

では,この​愛​と​は​何​です​か。

「愛は辛抱強く、親切です。愛は嫉妬しません。愛は自慢せず、思い上がらず、下品な振る舞いをせず、自分のことばかり考えず、いら立ちません。愛は傷つけられても根に持ちません。愛は不正を喜ばないで、真実を喜びます。愛は全てのことに耐え、全てのことを信じ、全てのことを希望し、全てのことを忍耐します。愛は決して絶えません。」

愛とは、様々な形をとることがわかりますね。

本当の意味で愛していれば、相手の幸せを自分のことのように気にかけます。
相手のために良いことをしてあげたい、相手が嫌がることはしたくない、という深い感情が含まれます。

愛は利他的です。

もし、上に述べられているような愛を、実際に行動で表し、伝えるなら、確かに今より結婚​も​家族​生活​も​友人​関係​も、ずっと幸せになると思いませんか?

では、次にどのように愛を表し、伝えられるか考えてみましょう。

スポンサーリンク

幸せになるための愛を、伝える方法とは?

愛は、筋肉のように、働かせると強くなります。
愛を行動で表せば表すほど、愛はあなたの心にいっそう深く刻み込まれます。
小さな事でも、毎日、愛を実際に行動で表し、伝えるなら、それは習慣になるでしょう。

まず、自分のまわりにいる身近な人の褒めるべき点があるでしょうか?

「褒めるべき良い点?何もないよ。」

そう言ってしまうのは簡単です。
人間って面白いもので、人の良い点よりも、欠点の方によく目がいくとのことです。
さらに、その欠点を自分の思いの中で拡大する傾向があるとのことです。

この世に、完全な人など、誰もいません。
全ての人が、間違いをする不完全な人間です。
欠点は、あって当たり前なんですね。

でも、逆に良い点だって、必ずあるはずです。

ですから、意識して、相手の良い点を見つけて、それを惜しみなく褒めてあげましょう。
言葉にして、伝えるのです。

「言わなくたって、わかってる。」

よほど、親しい間柄であれば、確かにそういう場合もあります。
しかし、ほとんどの場合は、実際に言葉にして言わないと、伝わらないことってたくさんあるんですよね。

せっかく、話す能力をいただいているわけですから、幸せな人間関係を構築するためのツールとして、相手を築きあげる言葉を伝えていきましょう。

また、親切にしたいという衝動を感じたら、その衝動に従いましょう。

愛は、仕事や娯楽、苦しみや喜び成功や失敗、頭で考えていることや心に感じていることを共有することでも深まります。

「喜ぶ人と一緒に喜び、泣く人と一緒に泣きましょう。」

幸せになるために、共に感情を共有しましょう。

スポンサーリンク

最後に

幸せになるためには、愛を言葉と行動で伝えることが大切だということがわかりますね。

大切な人に対する優しい気持ちを、言葉と行動によって示すことにより、もっと幸せになります。

是非、幸せになるためにも、愛を言葉と行動で伝えていきましょう。

幸せ
スポンサーリンク
AJをフォローする
スポンサーリンク
幸せなライフスタイルのすすめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました