夏のマスクによる熱中症にご注意!思わぬ体温上昇を防ぐには?

マスク トレンド
スポンサーリンク

マスクは一般的に、冬のインフルエンザの季節と春の花粉症の季節に着用しますよね。

でも今年は新型コロナ感染拡大予防のため夏でも、マスクを着けざるを得ない異例の事態が生じています。

それで気温が上がるこれからの夏の時期、心配されているのが、夏のマスクによる熱中症です。

思わぬ体温上昇を防ぐためにも、夏のマスクによる熱中症の症状があらわれた時(外出している時、屋内、ジョギングしている時)の対策や熱中症の症状を和らげるちょっとした工夫など役立つ情報やアイテムをお伝えしますね。

スポンサーリンク

夏のマスクよる熱中症対策 外出編

マスクをして買い物など外出をしている際に、だるさや暑さといった熱中症の症状を感じたら
・日陰など涼しいところで休憩をしましょう。
・水分をしっかりとって、体温上昇した体を冷やしましょう。
・普段からできることとして外出時は、日傘、帽子を着用しましょう。

今の時期、マスクを外で着けるとどんな状況になるのでしょうか。

外の気温30度で顔の表面温度を測ると、30度前後です。

10数分後、顔の表面温度は30度から37度に上昇しました。

これでは、かなり暑いですよね。

このように夏にマスクをしていると、吸い込む空気が暖かくなり、体から熱が逃げにくくなります。

また、マスクをして呼吸することで多くのエネルギーを使い、体温が上昇するので体を冷やすことは大切なんですね。

スポンサーリンク

夏のマスクよる熱中症対策 屋内編

現在は、オフィスなど屋内でもマスク着用が義務化されていますが、マスクをすることで熱中症のリスクが2つあります。

①マスクをつけっぱなしだと口の中の渇きが緩和されてしまうため、喉の渇きに気づきにくいこと。
②マスクをつけることで、体温上昇傾向にあること。

体の中に熱がこもり体温調節しにくくなるリスクがあるので、

・こまめに水分補給しましょう。
・エアコン・扇風機を上手に使用しましょう。
・部屋の風通しを良くしましょう。

このように熱中症の対策には、やはり水分補給が欠かせないんですね。

この水分補給ですが、スポーツドリンクよりも効果的なのが「経口補水液OS―1」だと言われています。

なぜかと言いますと「OS―1」は、腸内で効率よく吸収されるための塩分と糖分のバランスが整っているからなんです。
これからの夏に向けて、1日1本を目安にこまめに摂取して、熱中症を予防したいものですね。

 

スポンサーリンク

夏のマスクよる熱中症対策 ジョギング編

最近では、新型コロナウイルスの感染拡大で、外出の自粛や在宅勤務が長引きました。
そのためか運動不足を解消しようとして、公園などでジョギングをする人をよく見かけますよね。
確かに運動不足やストレス発散のために外で軽い運動をすることは、とても大切です。

ただジョギング中のマスク着用について、ある専門家の方は「これから気温がどんどん上がる中でマスクを着けて走った場合、脳に届く酸素が少なくなり、判断力が鈍くなるため、汗をかく量が増えても、脱水状態など体調の微妙な変化に気付かず、熱中症になるおそれがある。」とコメントされていました。

実際、先日中国では、マスクを着けてランニングしたことによる死者が続出している、と報じられていたように、ランニングやジョギング中のマスク着用は注意が必要ですね。

筑波大学の久野教授は、「マスクをつけていないときと同じ強度の運動を行わず、走るスピードを落とすなどの対策が必要だ」と訴えました。

そのうえで、「マスクをつけているだけで大きな負荷がかかっている。人と話しながら走ってもつらくないくらいのスピードでのジョギングを推奨したい。話したり笑ったりしても息が切れないくらいの『ニコニコペース』を意識してほしい。それでも十分な運動効果は得られる」とおっしゃっています。

ニコニコペース』いいですね〜。
これなら、マスクを着けながらでも楽しくジョギングが出来そうですね。

この言葉が出てくる久野教授のYouTubeがあります。
とっても参考になるので、是非下記の動画もご覧ください。

【ルールを守って歩こう走ろう】 安全に外でランニングする方法とルール編~初級者から上級者まで安心して行えます!これを守って気持ちの良い汗をかきましょう~<筑波大学 久野研究室/企画・制作>

また、実際にジョギングをしている方の声をまとめてみました。

50代の男性

「在宅での仕事が続き、一歩も外に出ない日が2日、3日と続くことがあるので、体の調子を整えるためにジョギングをしています。ただ、マスクをつけて走るのは本当にきついです。感染症対策で周囲の人に対する最低限のエチケットでもあるので、これからもマスクはつけますが、無理なく休んで呼吸を整えながら運動するよう心がけています」

20代の女性

「こういう状況なので絶対にマスクをつけて走りますが、息苦しくて、いつもの2倍以上疲れる気がします。呼吸もつらくなるので、最後のほうはついついマスクをずらして息をしてしまいます」

50代の男性

「自分は大丈夫かなと思っていますが、マスクをつけないと周りの人たちが気にすると思うので、いつもマスクをつけるようにしています。ゆっくり走るようにすれば、そこまでつらくないですが、これからより暑くなってくると厳しいです」

皆さん、これから暑くなるにつれ、夏のマスクはきついと言っていますね。

最近では、ネット通販の各サイトに「冷感」「ひんやり」などをうたった夏向けマスクやフェースカバーなどがずらり並び、売れ始めています。

合成繊維織物大手「丸井織物」(石川県)は、感染拡大に伴いマスクの生産を開始し、自社技術を生かした「ひんやり夏用マスク」(防菌フィルター30日分付き1980円税込み)を発売しています。

特殊加工を施した糸で織ったポリエステル製のマスクで、接触冷感や通気性、速乾性も高く、何度も洗えるのが特徴だとのことで、ジョギングをする方にとっては、ありがたいマスクとなるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

夏のマスクよる熱中症対策 工夫編

ネットでも、夏に向けたマスクの工夫やアイデアを紹介する動画などの投稿が増えています。

手作りでは、冷却(冷感)タオルや、放熱機能などがあるTシャツ生地を使ったり、メッシュ生地とガーゼを組み合わせたものなどさまざまです。

では、超簡単にできる夏のマスクよる熱中症対策をお伝えします。

準備するものは、下記の4点です。

・使い捨てや手作りのマスク(マスクであればなんでもOK!)
・100%天然素材で作られたエッセンシャルオイル
・化粧などで使うコットン
・チャック付きの袋

コットンにオイルを1滴たらして、マスクと一緒にチャック付きの袋の中に数時間、置いておくだけです。簡単でしょ!?

今回はユーカリを使いましたがペパーミントやハッカ油などもおすすめです。
着用したところ、清涼感があって夏場のマスクにはおすすめです。
これでいくらか、夏のマスクの不快感を緩和することができるでしょう。

また、アロマにはリフレッシュ効果もあり、気分転換にもなります。

実際に女優の宮沢りえさんも「マスクにお気に入りのアロマをシュッと吹きかけて、気持ちがリラックスできるように心がけています。」とおっしゃっています。

注意すべき点は、自分の好みのアロマを使用するということでしょうか。

もしあわないアロマを使用して、刺激が強すぎた場合は、体調不良を引き起こす可能性が無きにしもあらずだからです。

スポンサーリンク

最後に

現在、私たちは今まで経験したことのない大きなストレスのもとで生活を送っていますので、何事も無理をしないことが大事ですね。

それに新型コロナウイルスによる不要不急の外出自粛の生活で運動量が減ることに比例して筋肉量も減ってしまう傾向にあります。

この筋肉は体の中では最も大きい水分を貯蔵するところで、筋肉量が減っていくということは、体内にとどめておける水分量が減ってしまうことに等しいため、今年は例年よりも脱水しやすい環境になっています。

ですので、こまめに水分を十分に取る、涼む、休む、などといった体調管理が本当に大切になってきます。

夏のマスクよる熱中症対策として、自分でできることを行い、夏のマスクよる熱中症症状をやわらげて、暑い夏を乗り切っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました