幸せになりたい!あなたにとって幸せの尺度は何ですか?

蝶 幸せ
スポンサーリンク

この世に生まれてきた以上、誰でも幸せになりたいって思いますよね。
でも、幸せって、一体何でしょう?
幸せって、形ではないから、人それぞれに幸せの尺度が異なるかもしれません。
では、あなたにとっての幸せって何ですか?

このブログでは、心から幸せになりたいと思う方のために、幸せな生活を送るための秘訣を、私の体験談も交えながら、様々な角度からお伝えしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

幸せの意味と、幸せになるために大切なことは?

幸せとは、恵まれた状態のことで、ある程度の持続性があり、ちょっとした満足感から生きる喜びまで幅広い気持ちを指す言葉で、いつまでもこのままでいたいという自然な願望を伴うのが特徴です。

幸せとは、恵まれた状態のこととあるので、偶然とか、簡単に生じる束の間の快楽とは違うんですね。
また持続性や、いつまでもこのままでいたい、という願望が伴うので、目的地やゴールというものでもないんですね。

幸せは、蝶のようです。蝶を熱心に追いかけ、それを捕まえようと思っても、いつもわたしたちの手から逃れてしまいます。
もし蝶のことを忘れ、自分が、どんな環境でも、人間として成長し、充実した生活を送る時、その蝶は、いつの間にかわたしたちの肩にとまっていることでしょう。

幸せを目的にしても、幸せはやってこないんですね。

ですから幸せになれるかどうかは、何を得られるか、どんな所有物を持って生活するか、というよりも、どんなふうに生きるか、何に満足し、何を喜びとして生活するか、にかかっているんですね。

つまり、幸せになるためには、生き方 が大切なんですね。

では、どんな生き方が幸せな生活につながるのでしょうか?
ご一緒に考えてみましょう。

スポンサーリンク

幸せな生活を送るために大切なことは?

ミーイズムという言葉を聞いたことがありますか?
ミーイズムとは、自分の幸せや満足を求めるだけで他には関心を払わない考え方、行うことや関心事が、非常に自己中心的という意味があるようです。

今日、ミーイズム的な人が増えてきているように思います。
そのような人は、
「わたしにとって何の得になるか」
「どんな見返りを受けられるのか」
といったことばかり、考えているかもしれません。

しかしそうした人は、本当に幸せでしょうか?

「受けるより与える方が幸福である」

受けるより与える方が幸せになるのは本当でしょうか?
本当です。

と言いますのは、ある調査によると、

「人はお金を自分自身のために使うよりも、他の人のために使う方が幸せなれる」
「人間には、人を助けるという基本的な衝動が備わっていると思われる」

という事実がわかりました。

あなたは、生活に困っている人を助けたことがありますか?
誰かの話を親身になって聞いたことがありますか?
その時、その人の助けになれたという満足感を覚えませんでしたか?

人は、何も見返りを求めずに与える時、最も幸せを感じるようです。

もちろん、与えることができるものは、お金だけではありません。
あなたの時間や、エネルギーを与えることもできます。

そのように自分を与えるなら、相手の人はそれに感謝して、その人自身も寛大になれます。
たった一つの寛大な行いが、波紋のように人から人へ伝わり、協力の精神や友情を育みます。

与えることは伝染するんですね。

喜んで与えるなら、愛や敬意、惜しみなく与えてくれる本当の友達など、お金では買えない素晴らしいものをたくさん手に入れることができます。

このように幸せな生活には、喜んで与えることが大切です。

スポンサーリンク

最後に

幸せって、とらえどころのないものと思っていた方は多いのではないでしょうか?

幸せは、目的やゴールではなく、どのように生きるかが大切なんですね。
幸せは、わたしたちが持っているものよりも、むしろわたしたちがどんな人間であるか、ということと関係があります。

喜んで、他の人のために自分を与えられる、そんな生き方ができる人は、お金では買えない素晴らしい人間関係を得られるため、幸せになれることでしょう。
今、自分のまわりを見まわして、あなたの身近にいる方に何かしてあげられることってないかな?って考えることからスタート出来るかもしれませんね。

幸せ
スポンサーリンク
AJをフォローする
スポンサーリンク
幸せなライフスタイルのすすめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました