ブッシュクラフトの意味は?初心者でもできる必要な道具を紹介!

ブッシュクラフト 日用品
スポンサーリンク

キャンパーたちが憧れる究極のキャンプスタイルにブッシュクラフトというものがあります。

そこで、今回は

ブッシュクラフトの意味は?
ブッシュクラフトは初心者にも挑戦できるのか?
また、ブッシュクラフトに必要な道具はあるのか?

について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ブッシュクラフトの意味とは?

森や山などの自然環境の中で生きていくための「生活の知恵」を総称してブッシュクラフトと呼ばれています。

つまり、自然の中で生活していく行為や必要な技術のことを言うんですね。

似たような言葉に「サバイバル」がありますが、ブッシュクラフトは「生活」が目的であるのに対し、サバイバルは「生還」が目的という違いがあります。

また、最近ではキャンプスタイルの一つとして注目されています。

キャンプスタイルの中でもより自然を身近に感じれることのできるスタイルが、ブッシュクラフトといえます。

ブッシュクラフトと普段のキャンプの違い

普通のキャンプと言えば、ガスバーナーやガスコンロなどを使って料理したり、湯を沸かしたりして楽しむスタイルです。

しかし、ブッシュクラフトではブッシュクラフトの特徴の一つでもある「荷物は最小限」であるため、全てのものが現地で調達し自然の物を使って道具を作って生活をします。

ですので、火を起こすのも現代の文明を使うのではなく、木を使って火を起こすことから始まります。

もちろん、食器類もナイフを使って、木から作り出します。

一見なんでもかんでも作り出すところから始まるため面倒くさそうにも思いますが、自分で起こした火で料理をしたり、暖をとりながら自分で作った食器やスプーンで食事をするのは感慨深いものがありますね。

スポンサーリンク

ブッシュクラフトは初心者でもできるの?

ブッシュクラフトは初心者でもできます。

しかし、ある程度の知識は事前に知っておく必要があります。

ただ、始めから木を切って組んで寝床を作って・・・ということはしません。

そういうことをするのは、かなりの経験を積んだ上級者でないとかえって危険行為になるので注意が必要です。

初心者が始めるには、「自分ができそうなことから始める」ということです。

①リュック一つで出発する
②火起こしにライターや着火剤などを使わない
③燃料は現地調達(薪拾い)

など自分でできそうなことから始めていくことがポイントです。

それができれば、次のステップ、また次のステップというようにハードルを上げていきましょう。

スポンサーリンク

ブッシュクラフトに必要な道具とは?

ブッシュクラフトに必要な道具はいくつかありますが、必要最小限の道具を紹介したいと思います。

1つ目は、テント、タープです。

野営するためには必要不可欠です。
コンパクトで耐久性や耐水性に優れているテントを選ぶのがおすすめです。
しかし、ブッシュクラフトの上級者には居住地までも作ってしまう強者もいるそうです。

2つ目は、寝袋です。

季節にもよりますが、地面からの冷気で夜は冷えることがあるので、寝袋は必要です。
ブッシュクラフトを行う季節に合った寝袋を選びましょう。

3つ目は、ナイフです。

ナイフはかなり重要です。
薪を作ったり、料理や釣りにも使えます。
切る、削るなどさまざまな場面で活躍します。

4つ目は、斧です。

斧といっても小ぶりの斧です。
斧で薪割りをしたり、小枝取りや薪の大きさを細かく割きたい時などにも活躍します。

5つ目は、飯盒です。

さすがに米を炊く道具は作れませんので、飯盒くらいは持って行くといいでしょう。
でも、飯盒を持っていくならお米も忘れずに!

6つ目は、ランタンです。

ランタンのアンティークな外観は雰囲気を作ってくれます。
また、夜は真っ暗闇になるため緊急事態用として持っておくことをおすすめします。

この6つの道具があれば、初心者でもブッシュクラフトを楽しむことができるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ブッシュクラフトというキャンプスタイルの一つについて紹介しました。

なかなか初心者にはハードルが高そうなイメージがありましたが、自分ができることから始めるというのがポイントになりますね。

しかし、火起こしの知識があったとしても、山や森の自然の知識がないと危険なこともあるので、事前に山や森の自然の知識を学んでからブッシュクラフトに挑戦することをおすすめします。

そうするなら初心者でもブッシュクラフトを楽しむことができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました