フレッシュネスのザ・グッドバーガーの口コミ!カロリーと糖質量は?

ザ・グッドバーガー グルメ
スポンサーリンク

2020年10月に、フレッシュネスバーガーから、ザ・グッドバーガーが全店発売されるということで話題となっていますね!

フレッシュネスバーガーで、2020年8月12日から5店舗限定でザ・グッドバーガー(THE GOOD BURGER)の検証販売を行ったところ、想定を上回る売れ行きとなりました。

それで、2020年9月1日から全店でアプリ会員に限定で先行発売し、10月1日からは、アプリ会員に限らず全店で発売することになりました!

今回、フレッシュネスバーガーの新メニューであるザ・グッドバーガー(THE GOOD BURGER)の大きな特長は、植物肉を用いた大豆パティをテリヤキソースに絡め、低糖質バンズと野菜で挟んだハンバーガーであることです。

この大豆パティに惹かれて、フレッシュネスのアプリ会員になって一足早く、ザ・グッドバーガー(THE GOOD BURGER)を食べてみました。

今回の記事では、ザ・グッドバーガー(THE GOOD BURGER)が先行販売された際の口コミや気になるカロリーや糖質量、ザ・グッドバーガー(THE GOOD BURGER)を食べてみた感想や、美味しさの秘密を併せてご紹介していきます!

スポンサーリンク

フレッシュネスのザ・グッドバーガーの口コミは?

丸大豆の肉にテリヤキソースは全く違和感がない、とありますが本当にそう思いました。

めちゃめちゃ相性がいいです。

私も今まで食べた植物性のお肉では一番美味しいと感じましたね。

ベジタリアンやヘルシー志向の方にはもってこいのハンバーガーで、口コミも良好でしたね。

スポンサーリンク

フレッシュネスのザ・グッドバーガーのカロリーと糖質量は?

フレッシュネスのザ・グッドバーガーのカロリーは、はっきりと記載されていなかったのですが、動物性原料を使わない大豆パティとあって、普段のハンバーガーよりはカロリーは低いことでしょう。

バンズは、フレッシュネス、ゴマバンズと比べて糖質約45%オフのヘルシーで健康にもいいハンバーグですね。

スポンサーリンク

フレッシュネスのザ・グッドバーガーを食べてみての感想は?

ザ・グッドバーガー
9月にたまたまフレッシュネスバーガーの前を通る機会があったのですが、上にあるチラシに釘付けになりました。

「SOY MEAT?大豆パティ?え〜、どんな味かな?」

興味深々でお店に入ってアプリ会員になり、ザ・グッドバーガー(THE GOOD BURGER)を試食?してみました。

ザ・グッドバーガー
思ったより、小ぶりでした。

お値段は480円(税込)です。

美味しいのかな?と恐る恐る食べてみると、

「えっ!これ本当に大豆?」とびっくりしてしまいました。

「お、美味しい!いつも食べているハンバーガーとなんら変わんないわ!」と思いました。

大豆パティに絡んでいるテリヤキソースがまた美味しい!

昔ロッテリアの照り焼きバーガーが大好きで、よく食べていたことを思い出しました。

「これは、いける!」

先行発売で売れ行き好調だったこと。

ザ・グッドバーガー(THE GOOD BURGER)と命名されたこと。

いずれも納得です。

普段私たちが食べている牛肉のハンバーガーに劣らないです。

是非一度、健康的で美味しいザ・グッドバーガー(THE GOOD BURGER)を味わってみてくださいね。

フレッシュネスのザ・グッドバーガーが美味しいのはなぜ?

フレッシュネスのザ・グッドバーガーに使われている大豆パティは、熊本県にあるDAIZ株式会社で作られています。

このDAIZ株式会社の独自の発芽技術、原料に丸大豆を使用することによって、

①味と食感に残る違和感
②大豆特有の青臭さや油臭さ
③肉に見劣りする機能性(栄養価)

を解決する植物肉つまりミラクルミートの開発に成功しました。

では植物肉(ミラクルミート)の製造工程をご覧ください。
ミラクルミート

ここまで、徹底的に作り上げてできたミラクルミート。

フレッシュネスのザ・グッドバーガーが美味しいのも納得です!

スポンサーリンク

まとめ

動物性原料を使わず、美味しくて環境にも健康にも優しい大豆パティのザ・グッドバーガー。

日本ならではの豆由来の醤油麹をベースにしたテリヤキソース。

大豆パティとの相性は抜群で、コクと奥行きのある味わいのあるGOODなハンバーガーが、フレッシュネスから誕生しました。

是非、あなたも召し上がってみてください。

グルメ
スポンサーリンク
AJをフォローする
スポンサーリンク
幸せなライフスタイルのすすめ
タイトルとURLをコピーしました