幸せになるためには、いつも笑顔でいよう!

笑顔 幸せ
スポンサーリンク

もしあなたが、今自分の顔を鏡で見たとしたら、笑っているでしょうか?

毎日忙しかったり、ストレスを抱えていたりすると、笑顔どころではない時がありますよね。

でも、意識的に笑顔でいるようにすると、幸せを引き寄せるようになります。

だって日本のことわざにも「笑う門には、福来たる。」ということわざがあるくらいですから。

では、幸せになるための笑顔の大切さをご一緒に考えていきましょう。

スポンサーリンク

幸せになるために、なぜ笑顔は大切か?

笑顔とは何でしょうか?
口もとをゆるめた表情で、同意、喜びなどを表現する、というように定義されています。

ですから笑顔は、言葉を出さすに自分の気持ちを表現し、自分の感情を他の人に伝える手段です。

笑顔は、本当に違いをもたらすのでしょうか?

あなたは、誰かの笑顔を見てほっとした、あるいはリラックスした気持ちになったことがありませんか?
あるいは、誰かが、笑顔を見せてくれないと不安に感じたことはないでしょうか?

笑顔を向けられると、温かい気持ちになり、幸せな気分になります。
また、笑顔は緊張を和らげ、沈んだ気持ちと闘う力を与えてくれます。

以前に私が落ち込んでいた時に、ある方が、「とにかく笑顔を作ったほうがいいよ。そうするとから元気の状態から、だんだん元気になるよ。」と言って励ましてくれました。
そうすると、どうでしょう。沈んだ気持ちがだんだん明るくなったのを覚えています。

笑顔で人に接すると、緊張もほぐれ、気持ちも楽になって、いっそう近づきやすい人になれます。

笑顔は、確かに違いをもたらします。

実例として、サービスの良さを誇る日本では、会社は、笑顔を長引く不況の中で売り上げを伸ばすための安上がりで効果的な方法と見ています。

笑顔の作り方の講習をした会社では、その年の売り上げが20 %もアップしましたし、ある社員は、その講座のおかげで、職場の雰囲気も良くなったと述べています。
なぜなら、笑顔の素敵な上司に囲まれると、気分が良くなるからとのことです。

実際、笑顔はビジネスにとってもプラスになっています。

スポンサーリンク

どうすればあなたを幸せにする笑顔を作ることができますか?

友達を得たり、人の心を動かすための一番の方法は、にっこりほほえむことです。
自然に笑顔が出る人のほうが、私生活でも仕事でもうまくやっていけるとのことでした。

たいていの人は、まず笑顔に注目します。
ですから、笑顔を作ることって、本当に大切なんですね。

でも笑顔を作るといっても、形だけのものだったら作り笑顔になってしまいます。
どうすれば、心からの笑顔を作れるでしょうか?

「心に満ちあふれているものが口からでます。善い人は、蓄えている善いものの中から善いものを出」すという言葉があります。

心からの、笑顔を作る鍵は、私たちの考えや感情にかかっていること、自分の心の状態と大いに関係があることがわかります。

心にあるものは、言葉や行動に表れるだけでなく、顔の表情にも表れます。

ですから、いつも積極的に物事を考える必要があります。

相手のことをどう考えているかは、顔の表情に表れるものです。
相手の良い面、良い特質に注目するなら、笑顔を作ることは容易になるでしょう。
笑顔の背後には、優しさや親切、思いやりの心があります。

是非、相手の欠点ではなく、良い点をこれからも意識的に探していきましょう。

笑顔の果たす役割を考えることも、心からの笑顔を作ろうという原動力になります。
・笑顔は、あなたの愛情を相手に伝える最もの近道です。
・笑顔は、伝染します。あなたの笑顔が相手の笑顔を誘発します。
・笑顔は、心の扉を開きます。
・笑顔は信頼関係を築き、心の友を作ります。
・笑顔は、悲しみや不安、ストレスを和らげます。
・笑顔は自分のコンプレックスを取り除きます。

本当に、笑顔はいいことづくめですね。
是非とも、心からの笑顔を作っていきたいものです。

とはいっても、生来内気で、他の人に笑顔を見せるのが苦手だという人もいるでしょう。

でも、努力次第で、自然に笑顔があふれるようにすることができます。
自分の方から笑顔で挨拶したり、思いやりのある言葉をかけてみるのはいかがでしょうか。
それは、大いに喜ばれるでしょう。

そして、笑顔を作ることが習慣になるにつれて、それがずっと容易になっていきます。

スポンサーリンク

最後に

笑顔は、相手を幸せにするのに、お金のかからない贈り物です。
笑顔は、人間関係の潤滑油のようです。

いつも自分の心を良い状態にして、心からの輝く笑顔を示していきましょう。

笑顔は、幸せのオーラを出してくれるからです。

幸せ
スポンサーリンク
AJをフォローする
スポンサーリンク
幸せなライフスタイルのすすめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました